2017年09月22日

田坂祐介2


2000 - 0 0 -
2001 20 8 0 -
2002 6 1 0 -
2003 Honda 18 15 0 -
2004 14 1 -
2005 21 1 - 2 0 23 1
2006 29 2 - 0 0 29 2
2007 6 14 0 - 5 0 19 0
2008 19 1 -アンダーアーマー バッシュ-ハイパーヴェノム33 0 22 1
2009 19 0 - 1 0 20 0
2010 4 0 - 0 0 4 0
2011 12 0 - - 12 0
通算 日本 JFL 159 5 -
総通算 159 5 -
指導歴[編集]

2012年 - Honda FC コーチ
タイトル[編集]

日本フットボールリーグ優勝 (2006年、2008年)
[表示] 
表?話?編?歴
本田技研工業フットボールクラブ - 2013-2014


この「田阪祐治」は、サッカー選手に関連した書きかけ項目です。この項目を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています。(P:サッカー/PJサッカー選手/PJ女子サッカー)
posted by サッカーシューズ at 22:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

ポール-シーモア3



NBAキャリア[編集]

シェニエはルーキーシーズンに平均12.3得点の成績を残し、オールルーキー1stチームに選出される。以後、2人の偉大なビッグマン、ウェス-アンセルド、エルヴィン-ヘイズらと共にチームの主力選手として活躍し、ブレッツが本拠地を移転しキャピタル-ブレッツとなった1973-74シーズンには21.9得点5.3リバウンドの成績を残し、チームのリーディングスコアラーとなると共にオールアンダーアーマー バッシュ-ハイパーヴェノム3ターにも初出場した。ワシントン-ブレッツとなった翌1974-75シーズンも平均20得点以上を維持し、チームはフランチャイズ記録となる60勝をあげ、プレーオフでもNBAファイナルまで勝ち上がり、シェニエはオールNBA2ndチームに選ばれている。その後もシェニエはチームの主要得点源として活躍し続けるが、ファイナルに進出して以降は40勝台の平凡な成績が続いた。1977-78シーズンも44勝38敗の成績に終わり、さらにシェニエは背中の故障でプレーオフは全休を強いられた。しかしブレッツはプレーオフを勝ち抜いて3年ぶりにファイナルに進出。シアトル-スーパーソニックスを破って優勝を果たしてしまった。シェニエはこの背中の故障が原因となってパフォーマンスが大きく低下し、成績も激減。そして1979-80シーズン中に8シーズン過ごしたブレッツから放出され、インディアナ-ペイサーズへと移籍。翌1980-81シーズンにゴールデンステート-ウォリアーズで引退を迎えた。
posted by サッカーシューズ at 12:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

レオナルド-ロウレンソ-バストス4



2007年夏にレアル-マドリードに復帰し、主に中盤で起用された。12月25日に行われたFCバルセロナとのエル-クラシコ (1-0) ではルート-ファン-ニステルローイとのワンツーパスから抜け出し、決勝点となる重要なゴールを決めた。敵地カンプ-ノウでFCバルセロナから白星を挙げたのは過去24年間で2度目のことであった。2007-08シーズンは好調を続け、グティをベンチに追いやった[8]アンダーアーマー バッシュ-ハイパーヴェノム3しかし、その後グティはアシストランキングでトップに立つほどの活躍を見せ、シーズン終盤にはポジションを失い、移籍が騒がれた。

ASローマ[編集]

2008年8月14日、イタリア-セリエAのASローマと4年契約を結んだ。基本の移籍金は900万ユーロであり、成績に応じてさらに移籍金が加算される[9][10]。8月25日、スーペルコッパ-イタリアーナのインテル戦でデビューしたが、PK戦の末に敗れた。10月1日のUEFAチャンピオンズリーグ-FCジロンダン-ボルドー戦では2得点し、3-1の勝利に貢献した。移籍して最初のローマ-ダービーではSSラツィオ相手に決勝点を挙げた。同大会の決勝トーナメント1回戦では古巣アーセナルFCと対戦し、2試合ともに出場した。ローマで行われたセカンドレグではフアンの負傷で早い段階に出場機会が訪れ、何度かチャンスを作った。79分にはマヌエル-アルムニアにセーブを強いたが、結局PK戦で敗れた。
posted by サッカーシューズ at 10:32| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする