2018年04月16日

ディー-ブラウン (1968年生のバスケットボール選手)6



キャリア初期[編集]

1996-97シーズン 才能の片鱗
ルーキーイヤーとなった1996-1997シーズンはシューティングガードの他にスモールフォワード、ポイントガードもこなしたが出場時間は約15分とまだ少なく、このシーズンは平均7.6得点の成績に終わった。それでも随所で才能の片鱗は見せており、1月28日のダラス-マーベリックス戦では故障者が続出したことも手伝って初めて先発に抜擢され、18歳と158日で当時のNBA先発出場最年少記録を塗り替えた。またオールアンダーアーマー バッシュ-ハイパーヴェノム3ター-ウィーク-エンドではスラムダンクコンテストに出場し、レッグスルーダンクを決めコチラも見事にNBA史上最年少での優勝を果たした。その他、ルーキーチャンレジでも当時の歴代最多得点となる31得点をあげている。

1997-98シーズン スター選手の仲間入りへ
2年目の1997-1998シーズンになると出場時間も増え、その才能を発揮し始める。そのプレーはファンの心を掴み、ベンチスタートであったが、試合途中に交代で出場すると大きな歓声が起こり、多くのファンがいたことがうかがえた。コービーの活躍もあってチームは61勝21敗の好成績を残し、コービー自身もシーズン途中までは平均20点近い得点を挙げ、6thマン賞受賞は確実と目されていたが、シーズン後半に調子を落とし(最終成績は15.4得点)、記者投票では2位に終わっている。さらにこの年のNBAオールスターゲームではファン投票によりNBA史上最年少でオールスター選出され、プロ2年目、弱冠19歳でスターの仲間入りを果たすが、試合では独りよがりなプレーが目立ち、コービーの好戦的な”性格”が表沙汰になったのはこの頃からだった。
posted by サッカーシューズ at 09:51| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

壽健志10


^ モンテ小林監督がJ2徳島へ 山形新聞、2011年12月19日
^ “これぞ昇格請負人!徳島小林監督は史上初、3クラブ目のJ1昇格”. ゲキサカ (講談社). (2013年12月8日) 2013年12月8日閲覧。
^ “初のJ1昇格を果たした徳島が小林伸二監督との契約更新を発表”. 夕刊アメーバニュース. (2013年12月9日)&アンダーアーマー バッシュ-ハイパーヴェノム3bsp;2013年12月11日閲覧。
^ 【モンテディオ山形】3カ月の軌跡(中)頭脳 asahi.com、2009年6月22日付記事
関連項目[編集]

Jリーグ監督経験者
サンフレッチェ広島の選手一覧
サンフレッチェ広島F.Cの育成組織
セレッソ大阪の選手一覧
モンテディオ山形の選手一覧
徳島ヴォルティスの選手一覧
フットメディア - マネージメント
外部リンク[編集]

【モンテディオ山形:新監督就任記者会見】小林伸二新監督記者会見コメント - J s GOAL (2007年12月11日)
モンテディオ山形 監督 小林 伸二 氏 - やまがたコミュニティ新聞 (2008年10月24日)
[表示] 
表?話?編?歴
2014年のJリーグ監督
posted by サッカーシューズ at 12:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

田坂祐介2


2000 - 0 0 -
2001 20 8 0 -
2002 6 1 0 -
2003 Honda 18 15 0 -
2004 14 1 -
2005 21 1 - 2 0 23 1
2006 29 2 - 0 0 29 2
2007 6 14 0 - 5 0 19 0
2008 19 1 -アンダーアーマー バッシュ-ハイパーヴェノム33 0 22 1
2009 19 0 - 1 0 20 0
2010 4 0 - 0 0 4 0
2011 12 0 - - 12 0
通算 日本 JFL 159 5 -
総通算 159 5 -
指導歴[編集]

2012年 - Honda FC コーチ
タイトル[編集]

日本フットボールリーグ優勝 (2006年、2008年)
[表示] 
表?話?編?歴
本田技研工業フットボールクラブ - 2013-2014


この「田阪祐治」は、サッカー選手に関連した書きかけ項目です。この項目を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています。(P:サッカー/PJサッカー選手/PJ女子サッカー)
posted by サッカーシューズ at 22:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする