2017年10月13日

壽健志10


^ モンテ小林監督がJ2徳島へ 山形新聞、2011年12月19日
^ “これぞ昇格請負人!徳島小林監督は史上初、3クラブ目のJ1昇格”. ゲキサカ (講談社). (2013年12月8日) 2013年12月8日閲覧。
^ “初のJ1昇格を果たした徳島が小林伸二監督との契約更新を発表”. 夕刊アメーバニュース. (2013年12月9日)&アンダーアーマー バッシュ-ハイパーヴェノム3bsp;2013年12月11日閲覧。
^ 【モンテディオ山形】3カ月の軌跡(中)頭脳 asahi.com、2009年6月22日付記事
関連項目[編集]

Jリーグ監督経験者
サンフレッチェ広島の選手一覧
サンフレッチェ広島F.Cの育成組織
セレッソ大阪の選手一覧
モンテディオ山形の選手一覧
徳島ヴォルティスの選手一覧
フットメディア - マネージメント
外部リンク[編集]

【モンテディオ山形:新監督就任記者会見】小林伸二新監督記者会見コメント - J s GOAL (2007年12月11日)
モンテディオ山形 監督 小林 伸二 氏 - やまがたコミュニティ新聞 (2008年10月24日)
[表示] 
表?話?編?歴
2014年のJリーグ監督
posted by サッカーシューズ at 12:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

田坂祐介2


2000 - 0 0 -
2001 20 8 0 -
2002 6 1 0 -
2003 Honda 18 15 0 -
2004 14 1 -
2005 21 1 - 2 0 23 1
2006 29 2 - 0 0 29 2
2007 6 14 0 - 5 0 19 0
2008 19 1 -アンダーアーマー バッシュ-ハイパーヴェノム33 0 22 1
2009 19 0 - 1 0 20 0
2010 4 0 - 0 0 4 0
2011 12 0 - - 12 0
通算 日本 JFL 159 5 -
総通算 159 5 -
指導歴[編集]

2012年 - Honda FC コーチ
タイトル[編集]

日本フットボールリーグ優勝 (2006年、2008年)
[表示] 
表?話?編?歴
本田技研工業フットボールクラブ - 2013-2014


この「田阪祐治」は、サッカー選手に関連した書きかけ項目です。この項目を加筆、訂正などして下さる協力者を求めています。(P:サッカー/PJサッカー選手/PJ女子サッカー)
posted by サッカーシューズ at 22:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年08月11日

ポール-シーモア3



NBAキャリア[編集]

シェニエはルーキーシーズンに平均12.3得点の成績を残し、オールルーキー1stチームに選出される。以後、2人の偉大なビッグマン、ウェス-アンセルド、エルヴィン-ヘイズらと共にチームの主力選手として活躍し、ブレッツが本拠地を移転しキャピタル-ブレッツとなった1973-74シーズンには21.9得点5.3リバウンドの成績を残し、チームのリーディングスコアラーとなると共にオールアンダーアーマー バッシュ-ハイパーヴェノム3ターにも初出場した。ワシントン-ブレッツとなった翌1974-75シーズンも平均20得点以上を維持し、チームはフランチャイズ記録となる60勝をあげ、プレーオフでもNBAファイナルまで勝ち上がり、シェニエはオールNBA2ndチームに選ばれている。その後もシェニエはチームの主要得点源として活躍し続けるが、ファイナルに進出して以降は40勝台の平凡な成績が続いた。1977-78シーズンも44勝38敗の成績に終わり、さらにシェニエは背中の故障でプレーオフは全休を強いられた。しかしブレッツはプレーオフを勝ち抜いて3年ぶりにファイナルに進出。シアトル-スーパーソニックスを破って優勝を果たしてしまった。シェニエはこの背中の故障が原因となってパフォーマンスが大きく低下し、成績も激減。そして1979-80シーズン中に8シーズン過ごしたブレッツから放出され、インディアナ-ペイサーズへと移籍。翌1980-81シーズンにゴールデンステート-ウォリアーズで引退を迎えた。
posted by サッカーシューズ at 12:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする